★自社農場100%化

同業者によく言われます。「えーぇ、まだワイン畑増やすの?!」

確かに通常の日本のワイナリー経営から考えますと、小布施ワイナリーのワイン畑の広げ方はヘンに写るものです。

なぜ、それでも畑を増やしているのか、その理由は自社農場100%化を目指しているからです。私たちは増産を目的で畑を増やしているのではありません!

日本の農業は利益をだすのはとても難しいです。そのため、ワイナリーが葡萄を作る、すなわり農業をすることは大きなリスクを伴います。

リスクの原因

1)日本のワイン販売は乱高下が激しいためワイン不況がおきると葡萄があまる可能性がある(ワイン原料の葡萄は同じアルコール飲料である焼酎原料の芋などや日本酒原料の米の単年作物と違い、永年作物であります。そのため、葡萄を植えてから葡萄が実るまで少なくとも4年はかかります。ですのでワインブームの際、農家に「葡萄を植えてください」と植えさせても実る頃にはブームが去っているということが過去の日本のワイン産地では多くありました。

。それに比べ焼酎の芋や日本酒の米は単年作物であるため、売れないときは休耕田にすればいよく、売れるときに作物を植えてもその年にはすぐ実る訳であります。

2)ワイン葡萄栽培は天候に影響を受けやすい

そのため葡萄栽培を農家の方に依頼する「契約農家」のスタイルのほうが理にかなっています。けど小布施は自己責任で葡萄を作るスタイルを目指しています。

★よく地元の農家の方に「何故、俺たちに葡萄を作らせてくれないのだ」と言われても、契約農家をつくらないか?

私たちの真っ赤っかな農業分門での赤字、そして年間のワイナリー売り上げほどにも登る投資(自分たちできこりや開墾、苗作りをしても!)をワイン畑に行ってきて未だ回収出来てないことを知っている担当税理士は「農家にぶどうを作ってもらったら、赤字がなくなるのに!どうして!?」と言われます。

近所や地元の農家の皆さんも私たちにとって、田舎暮らしにおける大切な仲間です。そんな仲間に契約農家という形でリスクを背負わせることは弱い小布施ワイナリーの立場では出来ません。近所の仲間に契約農家制度をしてもらうことは、ある時までは機能するのですが、そうでないときもときどきやってきます。

ワイン葡萄は見ばえではなく、味が重要です。ですのでワインを醸造する人間は原料に関しては大変シビアです。なのでワインのできが悪いとき醸造家はどうしても栽培家の責任転嫁をします。たしかに栽培家(農家)の責任である場合もありますが、私たち醸造する人間に実はおおきな責任があるようなきがします。

今、現在、小布施の周りの農業は厳しい状況であり、最安値が止まらないリンゴや巨峰を作るより、ワイン葡萄を作るほうが楽に見えるのは、解ります。しかしながら、両方とも経験した私にはリンゴや巨峰のほうがよっぽど楽で儲かることを知っています。狭い長野の耕作地でのヨーロッパ仕立ての垣根栽培でのワイン葡萄は儲かりませんし、リスクが高すぎます。なので私たちは自己責任の下でワインを作る為に敢えてリスクを負ってでも、自らの手でワイン葡萄を作るのです。

注)北海道全土と本州の一部の大規模栽培をしているワイン畑は例外であり、素晴らしいワイン栽培をしており、彼らは経営が成り立つワイン葡萄栽培をしています。私たちも沢山見習うべきところであります。ただ、本州は農地解放以降、小さい耕作面積がさらに細分化され、集約的なワイン栽培ができにくいため、上述のようなことが起こる可能性があるとおもっています。

★小布施のワインがごく一部のワインショップでしか、手に入らない理由

以上の理由からすでに、ご理解いただけたと思います。日本ではワインの文化がまだ根付いていないため、酒販店の方でもワインを焼酎や日本酒と同じように考えて「どうして、私の所に売ってくれないのだ!増産すればいいだろ」と言われます。しかしそれは無理なのです。

私たち小布施ワイナリーは「現状維持」という言葉をよく使います。これは「現在の資本主義の論点から」という前置きの中で「現状維持は後退」であると良く指摘を受けます。しかし、世界中の歴史有るワイン生産地では「後退無き現状維持」を実現しています。それはたゆまぬ品質面での向上、歪むことのないポリシーがなせる技です。私たちは「後退無き現状維持」を目指します。

★現在の葡萄

私たちは毎年自社農場比率を高めています。しかしながら、まだ100%までには至っていません。その足りない葡萄は私たちの現在と将来を理解してくださる農家の方に信頼関係でわけていただいています。そのワインはドメイヌソガのラベルでは売らず、ソガペールエフィス、またはソガペールエフィス ソッガというシリーズで販売しています。そのため、私たちを信頼してくださって契約栽培でもないのにわけてくださる農家の皆さんの為にもなるべく早い自社農場100%が必要です。